カナダの辺境で永住権を目指すブログ

京都出身アラサー男子がカナダの辺境で永住権を取るまで頑張る日記

トラブル続きでばたばたする

先日からトラブルが続き、振り回されております。

 

トラブル① お土産が無くなる編

日本へのお土産にMink Chocolateというバンクーバーに店舗があるチョコレートをオンラインで購入し、到着を待っていました。お店にtracking number(追跡番号)を貰い、配送状況をオンラインで確認出来るのですが、配送予定日を一週間過ぎても来ません。

f:id:yosshix:20180308181006j:plain

国営の郵便サービスであるCanada Postに連絡すると、多分送り主が住所を間違えたんじゃないか?とのこと。じゃあ何で返送されないんだろうと思いつつ送り主に連絡すると、Canada Postにクレームしてくれました。

何回かメールのやり取りのあと、クレームした日から10日後ぐらいにやっと返金が確定。後に送金してくれるそうです。お土産も何とか買い、準備できました。

正直カナダポストはそういうトラブルが多いので、改善してもらいたいものです。

 

トラブル② 車が破壊される編

ホワイトホースに戻り、色々と用事を済ませていました。運転免許を更新し、SINナンバーを更新し、ヘルスケアも更新し、病院に行ったり、買い物したりとばたばたしたあと、Tim Hortons(日本でいうミスドのような感じ)でゆったりしていました。

f:id:yosshix:20180307221423j:plain

 そして外に停めてある車に向かうと、

f:id:yosshix:20180307221619j:plain

前面部がバキバキに壊れておる・・・!

当て逃げされた・・?と思っていると、隣に駐車していたトラックの運ちゃんが見ていたらしく、当てた男がワイパーに名刺を挟んでいったらしい。見てみると、連絡先の他に「ここに車を持っていって修理してもらってくれ」とメモが残されており、そこまで移動。手続きをしてもらう。後日修理してもらうとのことで一安心・・。

と思いきや翌日の朝、その修理会社から「もう一回破損部分を見たいからもう一回来てくれる?」との電話が。一回でちゃんと見てよ・・。と思いつつ行き、また見てもらう。

すると「君のパーツはアルバータから取り寄せる必要があって、350ドルのdepositを払ってくれないか」とのこと。なんで被害者のオレに請求すんの・・?と思いつつ面倒なので支払う。depositは修理後に返してくれるとのこと。いやぁなんか、腑に落ちないなぁ・・。

 

2つとも被害者側だったのですが、かなりばたばたして疲れました。

カナダに6年間住んでいますが、カナダのいいところはゆるいところで、悪いところもゆるいところだと思っています。一長一短ですし、それをどう受け取るかは人それぞれですね。