カナダの辺境で永住権を目指すブログ

京都出身アラサー男子がカナダの辺境で永住権を取るまで頑張る日記

永住権のルールを巡り上司とバトる話

以前にも述べましたが、上司はわりと無茶苦茶言います。

参考:

辺境ライフをあまりおすすめしない理由前編 (仕事での苦労編) - カナダの辺境で永住権を目指すブログ

 

ここ2週間ぐらいは上司とのトラブルで気が滅入ってました。

以前メディカルチェックが終わったのですが、その後は早くて3ヶ月~半年後には永住権のconfirmation letterが来るらしいという情報を以前に永住権を取った友人から聞きました。

一応メディカルチェックが終了したという報告を上司に行い、「もし早ければ8月か9月に永住権取れますし、辞めるかもしれないんで準備しておいて下さいね」と話したのですが、言うべきじゃなかったな・・。

前の記事でも書きましたが、現在職場はボロボロなので上司は僕を出来る限り長くキープしたい様子。「僕が永住権を取った後半年は同じ職場で働かないといけない」という謎ルールを話して来ました。「いや、そんなルールは無いから・・」と反論しても「いや、どこかに書いてた。間違いない。」の一点張り。面倒だ・・・。

なのでこの前ホワイトホースに帰った際にユーコン政府のオフィスに行き、直接そのようなルールがあるのか聞きに行きました。今までずっと話してた僕の担当者が辞めてしまったので、初めて話す担当者の方です。話を聞くに、どうやら上司が事前に連絡を取っていたらしく、「僕がもうすぐ辞めようとしている」という情報だけが伝わっていたので、「いや、それはもし永住権が早めに届いたらの場合で・・」と説明するのに余計時間が掛かりました。

時間の都合でその翌日も話し合うことになり、その際は頭が回る友人(元同僚)を連れて行き話し合いを進め、そして「永住権取得後は上司に僕を引き止める権限は無い」という回答を貰い、更に「永住権のルールに従わない場合、訴訟されて永住権が剥奪されると以前上司に言われた」とも伝え、そのようなことは起こらないことも確認しました。

 

その2点は上司に伝わったらしく、かなり態度が軟化しました。I'm sure you have to stay here for a while after you got a PRって言ってた人が、永住権取ったら辞める時期は決めてもいいよと。一件落着。

 

永住権をエサに理不尽な対応を取ってくる上司は少なくないらしく、そういったニュース記事は探せばわりと出てきます。これから永住権を目指す方は、トラブルの際は一人で悩まずに政府や信頼出来る友人などに相談して下さいね!