カナダの辺境で永住権を目指すブログ

京都出身アラサー男子がカナダの辺境で永住権を取るまで頑張る日記

辺境でブログを半年間続けてみて

ブログ歴が半年になりました。週1(毎週日曜)に更新するという自分ルールもなんとか守り、半年間で26つの記事を作成。このブログが27記事目になります。今回はこの辺境ブログ生活で得たものを中心に書いていこうと思います。

 

・ユーコン辺境からの情報発信

一番最初のブログではカナダの永住権に興味がある方、海外の田舎での生活に興味がある方たちに向けて情報発信できればいいな、というのがこのブログの目的です。と書きました。

半年間を振り返ってみて、ある程度は達成出来てるんじゃないかなと思います。冬場はマイナス40度になるカナダの奥地で人口100人ほどの集落に暮らし、スーパーも病院も娯楽も無い、野生動物に襲われる危険性がある場所でも何とか生きているという事実をブログに残しております。

 

もう一つの情報発信はユーコンノミニープログラムを通じた永住権の取得について。インターネットである程度申請の流れなどの情報を得ることは出来ると思いますが、実際に現在進行形で申請している人の情報を届けることで安心する人が居てくれればと思い色々と書いています。そろそろ大詰めなので、まさかのバッドエンドを届けるようにならないようにしたいと思います。

 

・ブログを読んでくださる方との交流

普段フェイスブックやラインをするときに投稿を全体公開にすることは一切ありませんので、自分の記事を世界全体に公開するという経験はこのブログが初めてです。更に面識の無い方と交流するのも初めてです。全体公開することに関しては最初は不安でしたが、見て頂いている方のリアクションがモチベーションになっていますのでありがたく思っています。もしこの半年間僕のブログに対して何のリアクションも得られなかったとすると、なんだこの一人相撲は・・となって辞めていた可能性が高いです。

 

・趣味が増えた

僕は基本的に好きなことしか長続きしないので、ブログを続けられるかどうかは最初は不安でした。しかしなんやかんやで半年続いたので、自分でもまぁまぁ好きなんじゃないかと捉えています。辺境での生活はどうしても趣味の選択肢が狭くなるので、ブログを通じて外の世界と交流するのはいい息抜きになります。

 

半年間は続けることが出来たので、今度は一年間を目標、週1更新を続けていきたいと思います。