カナダの辺境で永住権を目指すブログ

京都出身アラサー男子がカナダの辺境で永住権を取るまで頑張る日記

7年も海外に暮らしていると色々ある(後編)

・ゆるい仕事環境に慣れていく編

 カナダに来てから日系の企業でもカナダ系の企業でも働きましたが、どの企業もリラックスした雰囲気があり、働きやすかったです。でもこのゆるい雰囲気をどう捉えるかは人によります。日本人の同僚と話していて印象的だったのは「私は日本の緊張感のある職場のほうがいい。ここよりも日本に居た方が成長できる」という言葉。たしかにその職場では仕事中に同僚の新婚旅行の写真をみんなでわいわいしながら見ていたのでそう思うのも仕方ないかもしれません。

個人的にはスキルアップは自分次第だと思うので、ストレスフリーな職場に当たる可能性が高いであろうカナダでこれからも働きたいと思います。

 

・銃を突きつけられる編

オーストラリアのアデレードという街に居たときの話で、仕事終わりに暗い住宅街を歩いて家に帰っていました。

すると恐らく18歳前後の白人3人とすれ違い、その内の一人に「家に電話したいからケータイを貸してくれないか」と聞かれました。そのとき僕のケータイはたまたま電源が切れており、「ごめんね、今電源が無くて。」とケータイを見せた瞬間、ケータイを奪われ、こめかみを固いもので殴られました。一瞬何が起こったのか分からず前を見ると彼が銃を構えており、持ち物を置いていけと言われました。

あ、この銃で殴られたのか・・今カツアゲされてるんだな・・と理解し、従うべきか、逃げるべきか、戦うべきか、どうしようか、、と一瞬思いましたが、結局相手が持っていたケータイを奪い返して、突き飛ばして即全速で逃げました。2ブロックぐらい全速で逃げて振り返ると相手は追ってきておらず、そのまま歩いて家に帰るとルームメイトに驚かれるくらい頭から血が出てシャツまで血が垂れていたんですが、被害はこれだけで済みました。(結局縫わずに済むぐらいの傷でした。)

改めて考えてみると死んでてもおかしくないですね。まず夜道で話しかけられて相手するべきじゃないし、ケータイ渡すべきじゃないし、自分に銃を向けている相手に立ち向かうべきじゃないし。危機感が足りてなかったと思います。

 

最後が暗い話になりましたが、貴重な思い出が出来たと前向きに捉えています。海外で夜道を一人で歩いていたら銃を突きつけられる可能性があると身をもって体感していますので、自分や身近な人の身を案じることが多くなりました。これを読んで頂いている方も夜道には気をつけて下さいね!