かなへん ~カナダの辺境で永住権を目指す~

京都出身アラサー男子がカナダの辺境で永住権を取るまで頑張る日記

電気代がえらいことになってきた話

現在一年のうち一番寒い時期なので、最低気温もたまにマイナス40度を下回るようになって来ました。

f:id:yosshix:20180112124345j:plainこの前マイナス30度ぐらいのときに油断してニット帽をせずに外を出たら、急に耳をナイフで切られたような痛みが走りました。多分血管が切れたんでしょうね・・。それは3日ほどで治ったので大丈夫だったんですけど、短い距離の移動でも耳と指先は守っておくべきと身をもって体感しております。

マイナス40度だと体の露出している部分、主に顔面が相当冷たいので、強盗みたいな目の部分だけ出てるマスクをして外に出る人もいます。ちゃんと装備を整えて外に出れば大丈夫ですけど、外に出ないのが一番ですね。この時期にオーロラ鑑賞に訪れることもやめておいた方がいいと思います。

 

以前電気代に関する記事を書きましたが、すいませんが修正します。

(以前の記事)

冬場にカナダの辺境で一人暮らしすると電気代はいくら? - かなへん ~カナダの辺境で永住権を目指す~

f:id:yosshix:20180112123452j:plain

どんどん電気代が跳ね上がってるんですよね。432ドル・・。これは11月20日~12月19日の額です。日本で一人暮らしをしていた時は電気代やガス代を使いすぎたと思った月でも5000円以内に収まっていた記憶があるので、比べ物になってないですね。

10月、11月の時と比べてヒーターの稼働時間はそんなに変わっていないはずなのに。今月の電気代はどうなってるんだろうと現在の電気メーターを確認すると、、、

20日間の地点でこの432ドル分の電気を使っている。ということはこのペースでいくと今月の電気代はこの1.5倍。648ドル・・・?

これはまずい。さすがにきつい。なので対策を立ててみようと思います。

 

対策1

まず、電気代が跳ね上がった一番の原因は(単純ですけど)外の平均気温が下がったからだと思います。家のヒーターのほとんどは細かい温度の調整が出来ず、つまみを最小にすているときと最大にしているときの温度の差が無いように感じる謎設定なのですが、恐らくは室温を20度前後に自動で調節してくれています。

家には既に設置されているヒーターがいくつもあるので、ヒーターごとの電力消費量を調べようと思います。

対策2

上記が終わった後、節約を心がける。電気代200ドル代ならしょうがないかなと思ってましたけど、600ドルはきついです。

対策3

大家さんに頼んで床下で24時間作動してるヒーターの数を減らすかゼロにしてもらう。この電力量は今日大まかに調べましたが、おおよそ月130ドルぐらい掛かっていますので、負担が大きいです。

 

せめて400ドル台に引き戻したいな・・と思いますので、後日またブログで経過を報告すると思います。

 

辺境での初めての年越し+辺境あるある

明けましておめでとうございます!

 

2017年は12ヶ月中11ヶ月をカナダの辺境で過ごしました。去年の年末年始は日本で過ごしたため、今の場所で年越しするのは今回が初めてです。

 

ちなみに去年の年末は京都で年越しお笑いライブに行ってました。えらい違いです。f:id:yosshix:20180107145800j:plain

大晦日は他のメンバーの都合もあり開店から閉店まで自分ひとりで働くというハードスケジュールで、帰宅後前回のブログを更新していたらいつの間にか年を越してました。 

今年は3月に一ヶ月休みを貰っているのでまた12ヶ月中11ヶ月を辺境で過ごすことなりそうですが、めげずに頑張りたいと思います。このブログも毎週日曜に更新することを目標にしています。

 

 

辺境あるある

 

・マイナス20度ぐらいなら平気になってくる。マイナス10度ぐらいなら「今日あったかいね!」とか地元の人と話す。

  

太陽が近い。

f:id:yosshix:20180107152618j:plain

 

・意外と風邪をひかない(ホワイトホースは世界の主要都市で最も空気が綺麗な都市らしい)

 

・お客さんに「君なんでこんなところにいるの?」と週2ぐらいで聞かれる。

 

・極寒時に室内から外に出るとたまに呼吸困難になる。(口を手で覆えば治る)。

 

・料理レシピをネットでチェックしてこの材料手に入らへんやん・・と嘆く。

 

・長く家を留守にしたあとはまず水が出るかをチェック。

 

ムースが近所をうろうろしている。

f:id:yosshix:20180107155954j:plain

・曇り空だと景色が真っ白になる。

f:id:yosshix:20180107160040j:plain

そんな辺境暮らしですが、2018年も生き抜こうと思います!

クリスマスに山登り+大晦日にターキー作り

クリスマスにホワイトホース郊外にあるGrey Mountainに登ってきました。次回はもっと山頂のほうまで行ければと思います。

f:id:yosshix:20180101163517j:plain

f:id:yosshix:20180101163535j:plain

クリスマスはポットラックパーティーに参加してターキーをご馳走になりました。ターキーは基本パサパサしてるもの、、って思ってましたけど全然パサパサしてない・・。作り方聞いておけばよかった。

f:id:yosshix:20180101163555j:plain

f:id:yosshix:20180101163615j:plain

 

 

ユーコン川を散歩。マイナス30度なのに凍ってない・・。

f:id:yosshix:20180101163635j:plain

 

そしてスーパーで買い物。(1か月半分ぐらい)

f:id:yosshix:20180101163706j:plain

f:id:yosshix:20180101163730j:plain

 

 

クリスマスの時期はターキーがやたら安くなります。5.4キロのターキーが11.3ドル。まぁ肉は2キロ強ぐらいであとは骨なんですけど、スープにも使えるので経済的なのには変わりありません。

f:id:yosshix:20180101163741j:plain

パッサパサになってしまう。次はうまく焼きます・・。

f:id:yosshix:20180101163751j:plain

カナダの辺境でWrapを作る

カナダ辺境の情報提供だけだと書くことが無くなりそうなので、ちょっとテーマの幅を広げて書いていこうと思います!

 

私は今カナダの辺境にあるホテルで働いています。基本的にはフロントデスクで働いてるんですが、たまに調理も手伝ったりします。

その中で一番おいしくて個人的にも作っているのがWrapという料理。日本ではそこまでメジャーではないようですが、カフェなどで売られている場合があるようです。

 

・作り方

 

①ベーコンをカリカリに焼く

油をひかずに弱火で焼くと油が染み出てくるので適宜キッチンペーパーでふき取りつつ焼きます。

その後2センチ幅ぐらいに切り、余分な油を吸い取ります。Wrap1つあたりベーコンを2枚入れます。

f:id:yosshix:20171222121740j:plain

f:id:yosshix:20171222122448j:plain

②チキンフィンガーをオーブンで焼く(190℃か375F)

これぐらいの大きさのものをWrap1つあたり1個入れ、その後1cm角に切ります。チキンフィンガーが無ければ、鳥の胸肉やもも肉を炒めたものを入れてもおいしいです。

f:id:yosshix:20171222123140j:plain

f:id:yosshix:20171222123155j:plain

③トルティーヤにベーコンとチキンフィンガーを乗せる

f:id:yosshix:20171222123436j:plain

④チェダーチーズ、モッツァレラチーズも乗せる(Wrap1つにつき大さじ2杯ずつぐらい)

f:id:yosshix:20171222123605j:plain

⑤レタスをちぎって乗せる(Wrap1つに付き3~4枚ほど)

f:id:yosshix:20171222123751j:plain

⑥Ranch Dressingを回しかけ、よく混ぜる

f:id:yosshix:20171222123850j:plain

⑦まず両サイドを畳み、手前から中身を全部包んでいく。

f:id:yosshix:20171222124117j:plain

⑧こんな感じの紙に包み、完成!

f:id:yosshix:20171222124545j:plain

断面はこんな感じです。

f:id:yosshix:20171223120619j:plain

カロリーをざっと計算してみたところ600kcalぐらいみたいです。

売り物にするときはすぐ痛むので入れないですけど、トマトやキュウリを入れても美味しいです。気になった方がいれば是非作ってみて下さい。

 

月一で買出しするときの食生活

前の日記でも書きましたが近所にスーパーが無いので、月一ぐらいのペースでホワイトホースという大都市に行き買出しをしています。

 

ユーコンでも意外と色んなものが手に入りますが、無いものもあります。

f:id:yosshix:20171216095712j:plain例えば食用酒、めんつゆ、とんかつソース、中濃ソースが無いです。細かいですけど右に写ってるキムチを作る用のとうがらし、トウバンジャンも無いです。ですので、これらは全てバンクーバーで調達してきたものです。

(追記)料理酒はsave on foodsにあるというコメントを頂きました。教えて頂きありがとうございます!

 

みりんは大きいスーパーでは見たこと無いですが、Riverside Groceryという小さめのスーパーにあります。若干割高ですけど結構アジア系のものが揃ってるので、料理が好きな人は覗いてみたら発見があるかもしれません。

 

豆腐があるので豆腐ハンバーグも作れます。おいしい、安い、冷凍できる、味を変えられる、一度に大量に作れる、それなりにカロリー控えめ、など褒めるところしかないメニューです。

f:id:yosshix:20171216101034j:plain

ギョウザの皮もあるのでギョウザも作れます。冷凍が出来るというのは今の生活での大きな利点です。

f:id:yosshix:20171216101528j:plain

スムージーの素を大量生産している様子。この時はりんご、梨、ケール、きゅうり、バナナ、ブルーベリーで作ってました。山奥生活だとどうしても野菜不足になりやすいので、スムージーで補っています。

f:id:yosshix:20171216101813j:plain

とりあえず悪くなりやすいものは全部冷凍するかすぐ消費する、長持ちするものを多めに買っておく(キャベツ、たまねぎ、じゃがいも、にんじんなど)ように気を付けていれば一ヶ月ぐらいなら大丈夫です。自分の場合ホワイトホースまでの往復ガソリン代と宿泊費で150ドルぐらいかかるので、今度は2か月分買ってサバイバルしてみようかな・・とか思っています。

冬場にカナダの辺境で一人暮らしすると電気代はいくら?

12月現在、一人暮らしを始めて2ヶ月ほど経ちます。前に暮らしてた人(70歳ぐらいのおばあちゃん)から賃貸で家を譲り受け、インターネットの設置、防寒対策、雪かきなど色々忙しい2ヶ月でした。

 

それまでは職場(ホテル)の一部屋を自分の部屋として使っていたりそれなりに快適でしたが、やっぱり職場でずっと過ごすのは落ち着きませんので、今の方が精神的に楽です。

 

家の様子は、まずこんな感じのリビング。

f:id:yosshix:20171211134736j:plain

キッチンもあって、

f:id:yosshix:20171211134609j:plain

洗面室と、寝室があります。f:id:yosshix:20171211134357j:plain

それ以外特に何もない小さい家ですが、基本的に家に居るときはずっと暖房オンにして、更に水道管が凍らないように床下で二つの暖房を常にオンにしているので、いくら掛かるんや、、、とビビりながら請求書を待ち、やっと請求書が来た・・!

 

 

f:id:yosshix:20171211134850j:plain

243.03カナダドル。日本円で21500円ぐらい。正直ほっとしました。周りの人の話を聞く限り300、400ドルぐらいでもおかしくないと思っていたので・・。

外気温が-30度前後で室温20度ぐらいにしてるので、その差50度ですからね。暖房様に感謝やで・・。

ぶきっちょさんへ感謝+わりと命がけなドライブ

 当ブログに来て頂いた方のほとんどは、以下のぶきっちょさんの私に関する紹介記事を通じて興味を持ってくださった方のようです。

ユーコンで【カナダの永住権取得】を目指す男友達が、色々とすごすぎる。

 

私がブログを始めた理由もぶきっちょが楽しそうにブログをやっているのを見ての影響で、今せっかくこんなカナダの辺境で謎の人生送ってるんやし、発信してみよう!という感じで始めてみました。「かなへん」っていうタイトルもぶきっちょが思いついたものです。ぶきっちょありがとう!

 

 

次の話はドライブが割りと命がけな話。もしかすると運転が得意な人なら大丈夫なのかもしれませんが、私にはきついです。以下がユーコンにある高速道路の写真。

f:id:yosshix:20171204151526j:plainf:id:yosshix:20171204152419j:plain

危ない点

路面凍結 

 滑りやすいので、冬場は70~80km/hぐらいで走るのがいいと言われています。でも他の人たちは明らかに100km/h以上でビュンビュン抜かしていきます。(制限速度は90km/h) 怖い!

 

だいたい片側一車線 

対向車とすれ違うのが怖い。写真を見てもらえれば分かりますが、中央分離帯も無く、そんなに道幅が広くないのに加え、雪でセンターラインが隠れている場合もあります。そんな状態で高速のスピードですれ違うのは怖い。ちょっとはみ出たら死ぬやつやん、、とか思いながらのドライブ。実際死亡事故の話も聞きます。安全運転します・・。

 

ガードレールがほとんど設置されていない

一枚目の写真が分かりやすいですが、明らかに落ちたらただで済まない道にガードレールが付いていない場合が多い。さすがに橋とかには付いてるんですけどね。

 

岩が道に落ちている

山から落ちてきたのか、踏んだらパンクするであろう大きさの岩がたまに落ちている。

 

明かりがない

街灯がほとんどなく、車のライトが頼り。④の岩を察知するのも難しくなるので、夜間のドライブは避けるべき。

 

⑥野生動物

冬場はキツネ、夏場はリスがよく高速を横切るので、轢きそうになる。

 

この前ぶきっちょさんとスカイプしてこの話をしていると、「Yoshiさん、死なないでくださいね」と心配されました。日常生活で命の心配をされるとは。死なない程度に頑張って永住権取ります!

 

マイナス30度でも鳥は普通に飛んでます。たくましい。

 f:id:yosshix:20171204161415j:plain

二日間家を空けたら家が凍っていた話

この前休みで二日間家をあけ、Whitehorseに行き食料調達などしてきました。Whitehorseとはユーコン準州の州都。カナダの他の都市に比べればこじんまりしていますが、大型スーパー、病院、カフェ、ホームセンターなど何でも揃っています。 

上記に挙げたものは私が今住んでいるところにはございません。

なので私は月一ペースでホワイトホースに行き、食料調達、友人に会う、のんびりするなど色々します。

片道500km弱ドライブするのがきついんですけどね。 東京~京都間ぐらいを毎回ドライブしています。ドライブについては別の記事をあげようと思っています。

 

無事家に帰り、暖房を付け、トイレに行ったら水が凍っておる・・・! キッチンも、シャワーも、水が出ない・・。ていうか寒すぎないかい?室温は・・・。

f:id:yosshix:20171126171727p:plain

室温マイナス8度。そりゃ水も凍る二日ぐらいなら大丈夫だろうとたかをくくった私の自業自得です。二日でここまで下がるか・・。

 

大家さんに水道管を直してもらい、安心したのもつかの間。

ある日、寒さで目が覚めました。なぜか室温が11度しかない。また水が出ない。でも暖房は動いてる。なんだこれ・・・。と思いつつ今日の天気を確認して気付く。あぁなるほど、、

f:id:yosshix:20171126173226j:plain

今マイナス39度だからだ。単純に超寒いからか・・・。だから暖房のパワーが足りず室温が低く、配管が凍って水が出ないんだな・・。と納得。また大家さんに配管を直してもらい、一安心。

 

といった感じで日々自然と闘っております。3月か4月ごろまで気温が氷点下を上回ることはないのですが、適度に引きこもりつつ頑張っていきます。

かなへんとは

初めまして、Yoshiです。

 

カナダの辺で永住権を取るため頑張っている、アラサー男子です。

 

カナダの境でかなへん、、と覚えていただければ幸いです。

 

自己紹介します。

 

・京都で大学まで生まれ育つ。

・大学生のとき、半年間カナダBC州Victoriaに語学留学。ストレスと無縁そうな人々、ほのぼのした仕事環境、自然の多さ・・。将来カナダに移住しよう!と決心

                 ↓

・しかし外国人が仕事経験ゼロでカナダで永住権に繋がる仕事を見つけるのはムリ。お金も無い。ということで3年だけ日本で働く。(青果物中卸業)

                 ↓

・予定どおり3年ちょうどで退職。遂にカナダへ渡航。カレッジで勉強、翻訳の会社で働く、オーストラリアに行ってみる・・など紆余曲折を経て、ユーコン州という極寒の地で2年半ほど働けば永住権を貰えるというチャンスを得まして、今現在その行程の半分ほど終わったぐらいでしょうか。

 

カナダに留学経験のある友人は揃ってここにずっと居たい!と言います。しかし永住権は簡単に取れるものではありません。ビザやお金、英語力など、人によって様々なハードルが立ちはだかります。

 

カナダの永住権に興味がある方、海外の田舎での生活に興味がある方たちに向けて情報発信できればいいな、というのがこのブログの目的です。

 

はっきり言って私の方法はお勧めしません笑 人によっては大丈夫なのかもしれませんが、残念ながら私は今人生で一番ストレスが溜まっています!

 

何がストレスなんだ?仕事はどうなの?寒くない?食べ物は?など、いろんな情報を発信していければと思いますので、来て頂いた方はよろしくお願いします。